岡山は早島町にある古民家ゲストハウス


もうすぐ春の瀬戸芸!

こんにちは、ヘルパーのテーです。

2019瀬戸内国際芸術祭はもうすぐ4/26に開催されます。

三つの時期があります。

ふれあい春:4/26(金)~5/26(日)

あつまる夏:7/19(金)~8/25(日)

ひろがる秋:9/28(土)~11/4(月)

三年一度のイベントで、芸術界のオリンピックだと言えますよね。

ゲストハウスいぐさから芸術祭の玄関口である『高松』『宇野』『児島』までアクセスがとても良いので

ここを拠点として島巡りするのがオススメです!

全て日帰りで行けちゃいますよ。

 

ゲストハウスいぐさから芸術祭の玄関口である『高松』『宇野』『児島』までアクセスがとても良いので

ここを拠点として島巡りするのがオススメです!

そして今回紹介するのは直島です。

 

哈囉,我是小幫手Spencer

宣傳一下,2019瀨戶內海藝術季即將要在4/26開始啦~

共分為三季

春季:4/26~5/26

夏季:7/19~8/25

秋季:9/28~11/4

 

從GuesthouseIGUSA出發的話前往『高松』『宇野』『児島』這三個港口都蠻方便的。

基本上前往各小島來個一日遊是沒問題的,非常推薦大家以IGUSA做為跳島之旅的據點囉~

要好好把握呀,畢竟是三年一度的盛事,說是藝術界的奧林匹克也不為過。

藝術季開始後人一定很多,所以趁著還沒開始的時候去也不錯呦 (被毆

 

這次去的島是 – 直島



アクセス:Step1 – 電車

早島 → 茶屋町 → 宇野

Step2 – 船

宇野港 → 宮浦港 (直島)

船のチケットの値段:往復 – 560円     片道 – 290円

ゲストハウスいぐさから出発するのはかなり便利です。

では、直島に行きましょう~

 

交通:Step1 – 火車

早島 → 茶屋町 → 宇野

Step2 – 船

宇野港 → 宮浦港 (直島)

船票的部分買來回票 560円,會比只買單程 290円 省一點。

研究完交通就出發囉~~~~


今回はレンタルサイクルで直島に冒険します。

 

這次我是租腳踏車來探索直島。

 





まず、地中美術館です。

山道から見た景色は本当にきれいです。

ちゃりで山を登るのは大変だけど、こんな広い海を見ると疲れが飛びました。

ちなみに、地中美術館のチケットは事前にネットで予約したほうがいいです。

館内の建築、芸術品はちゃんと自然光を利用して、みんなに「あっ、そんな効果があるんだ,すごい!」と思います。

地中カフェも印象深い、瀬戸内海を見ながら食事するのが贅沢です。

授業に比べると、皆に芸術を体験して、本当に芸術に興味をそそりますよね。

 

沿途風景 超!漂!亮!

雖然騎菜籃車上山是蠻累的,但是看到這海景會覺得完全值得。

話說,地中美術館的門票記得上網預訂,不然會排到天荒地老的。

另外美術館內是不能拍照的!

雖然沒有照片能分享,但是非常推薦!

裏頭的建築、藝術品會從各種角度運用自然光,讓人感覺「啊~  可以有這樣的效果呀,酷!」

咖啡廳也是令人印象深刻,可以邊用餐邊欣賞整個瀨戶內海的風景,非常的奢侈。

比起深入的了解或是創造藝術,像這樣可以體驗或是透過各種形式,的確是會讓人對藝術感到興趣呢。

 



山を下りると黄色いカボチャに会いました。

相手がないので、かぼちゃと囲碁を打とう。

この写真は芸術とも言えますかなあ。

 

下山就遇到黃色南瓜。

沒對手,只好跟南瓜下下棋。

話說我這張應該能算藝術品吧!

 

 


芸術はもちろん、直島の景色も息が止めるほど凄いと思います。

 

藝術就不用說了,直島的風景也是美得令人窒息。

本村エリアーに古民家がいっぱいあります。

街にうろうろして、特別なアートも見えます。

たまたまに見つけた空き缶アート、まるで「こんにちはー」と言ってるように。

 

本村區域有很多的老房子,超有fu。

在小巷子亂晃有時候會有意想不到的驚喜。

偶然看到的罐罐藝術,感覺像在跟我打招呼。


でも直島に一番好きなのはこれです。

黄色いかぼちゃの近くのベンチ。

アートではないけど、ここに座って、海風を感じながら海を眺めるのは気持ちいいです。

今度、また直島に冒険します。

 

而我在直島最愛的是這個。

黃色南瓜附近的長椅。

雖然不是藝術品,但是在長椅上吹著海風望著瀨戶內海,夫復何求。

下次再找個時間去直島探險吧!



ご予約
2019.04.15(月) 19:05