岡山は早島町にある古民家ゲストハウス


豊島美術館 自然の一部になります

こんにちは、ヘルパーのオリーです。
先日豊島に行きました。早島から、電車に乗って、宇野でフェリーに乗って、1時間くらいで豊島の家浦港に到着しました。
 
家浦港の近くで電動自転車を借りて、北側の道に沿って豊島美術館へ向かいました。自転車で涼しい風を楽しんで、蒼い空を見るとすぐ豊島美術館に着きます。
豊島美術館の建物は芝生に滴たったしずくのように自然の一部になっています。建物はに入ると、しずかに座って、ふたつの大きい天井から一つ一つの風音や葉っぱの揺れ動く音が広がり、自分も自然の一部になります。
豊島美術館の近くの小さい村のなかに豊島食材を使う『島キッチン』があります。そこで昼ご飯をたべて、少し急な坂に沿って『檀山岡崎公園展望台』へ向かいました。
途中で静かな『ささやきの森』という作品の近くを通り、『檀山岡崎公園展望台』で広い瀬戸内海眺めました、どの方向の景色を見ても男木島や女木島や屋島などの島がみえ、綺麗な景色を楽しみました。
大家好,我是小幫手Olivia
前幾天去了岡山附近的豐島,這是個很適合騎著電動腳踏車悠閒地探索的小島。
 
從家浦港出發,騎著腳踏車沿著北側的山間小路,經過一片金黃的稻田與青藍的海洋很難不讓人停下腳步。站在這兒往右手邊望去,你會赫然發現『豐島美術館』原來就隱身在身旁的樹叢中。
 
豐島美術館建物呈現了水滴滴落在草地上那一刻的型態,是動態的,完美地溶於自然。進入展館, 觀者靜靜地或坐或臥一動也不動地感受這顆水滴建物所要展示給我們的,它可以是風聲,可以是樹葉搖擺的窸窣聲,可以是從地板上微小孔洞溢出的小水滴,也可以是自己心靈的反思。空無一物,卻也納涵了一切。
 
離開了豐島美術館,在島Kitchen小憩後沿著山路往『檀山岡崎公園展望台』崎嶇而上,先經過寧靜『ささやきの森』,山徑的路途上,直島不時會從樹叢中露出,到了壇山岡崎公園觀景台,迎面而來的是廣闊無礙的瀨戶內海,海上傳出嗚嗚聲的渡輪緩緩前進,男木島、女木島、屋島及直島皆盡收眼底。
 
有來岡山的話,很推薦大家到豐島度過悠閒的一天。
 
Few days ago, I visited the “Teshima”, it’s a small island suitable exploring actually by bike.
 
Started from Ieura port, riding along with north side and pass a vast golden rice terrace and light blue sea, you will be surprised that the “Teshima Art Museum” is hidden in the grove beside you.
 
“Teshima Art Museum” like a drop falling on the grass, perfectly blends into the nature. Entering the inside of the museum, everyone just sit or lie down to feel everything the architecture bring us. It could be soft wind blowing, the voice from swaying leaves, the drop from the floor and also could be the sound of your own minds. There is nothing but actually bring everything to you.
 
Left the “Teshima Art Museum”, taking a rest at “Shima Kitchen” then stepping on to rough road towing to “Okazaki Park”. Arriving“Okazaki Park”, the boundless view of “Seto Naikai” appears, the “Ogijima”,Megijima,Yashima and Naoshima all in font of you. Enjoy the fine view and the peaceful time here.



ご予約