岡山は早島町にある古民家ゲストハウス


バイ・バイ〜晴れの早島

こんにちは。ヘルパーのテンテンです。

今日はヘルパーとしてゲストハウスいぐさで滞在する最終日です。明日の朝から、また吹雪している札幌に戻ります。ということで、このブログも最後のブログになります。なんか寂しいですね、笑。

この早島町に滞在しました2週間は、とても楽しいんでした。早島の綺麗な街、青く澄んだ空、夕焼けを浴びている鉄道、近所の子供の笑い声、この全部がこの2週間の中で、私の日常になりました。毎回外から遊んて帰る時は、「あっ、ようやく家に着きましたね」て感じます。


ゲストハウスで暮らしたこの2週間の中、いろいろな新鮮なことを経験しました。なっちゃんと一緒に雑草コレクションに行ったこと、イシーと一緒いぐさの田んぼに入ったこと、また有隣庵のサーちゃんとみんなと一緒に野菜を植えること、都市出身都市育ての私にとって本当に貴重な思い出です。

特にいぐさ製品の作りは好きです。この間、自分で何個のコースターも作り出しました!自分の努力を本物の商品になりさせて、感動しました。ゲストハウスいぐさが、ただの宿泊を営んてるところだけではない、早島町のいぐさの伝統もずっと守り抜いています。全部人工的にいぐさを植えて、育て、刈って、さらにいぐさの製品も全部人工的に一本一本で作り出しますまで。日本の伝統をいぐさの中に注ぎ込みました。

この発想と根性を尊敬します。


話したいこともまたいろいろあります。2週間のヘルパー生活を思い返すと、一番言いたいのはやはり感謝の話です。

本当にお世話になりました!

スタッフのみんなが私のボロボロな日本語を我慢してくれて、いろいろな使い方を優しく教えてくれて、本当にありがとうございました!


この町と、このゲストハウスのみんなさんの優しさを、心から感じまして、素晴らしい思い出を作り出しました。

バイ・バイ、晴れの早島町。私はこれから雪のところに戻りますよ、でもこの岡山の春はずっと心の中に覚えています。

ヘルパー/テンテン

我是天天。打工换宿的日子就要结束了。

这些日子以来承蒙照顾了。

来到早岛町之后,深深被这里的景物和人情所打动,已经爱上这座晴朗的小城了。

来到民宿蔺草后,获得了许许多多有趣新鲜的经验。第一次下地种菜,亲手培育榻榻米的原材料——蔺草,亲手制作草编的杯垫……

民宿蔺草(Guesthouse Igusa)所坚持的,不仅仅是经营民宿这样简单,更是将地域文化活性化,给古老的传统注入新的活力。我们从蔺草的种植,收割,到亲手制作成饱含感情的产品,整个过程全部手工完成。如果您有兴趣,请务必光临呀!这里的每位员工都会用微笑迎接来自世界的友人。

特别感谢工作人员的娜酱和ishi桑,包容我奇怪的日语,还给我很多日语上的帮助。

在这里的这些日子里,切身感受到了这座镇里,人和物的温度。

我即将北上,回归雪乡,但这里的温暖春天,会一直留在我的心里。再见啦,早岛町。



ご予約
2018.03.05(月) 09:42