岡山は早島町にある古民家ゲストハウス


倉敷屏風祭りにいぐさが参加しました!

先週末は、お祭り、お祭りの日々でした。

みなさんのなかにも、地元も御神輿などを見られた方もいると思いますが、

お祭りって、いつもとは違う雰囲気で、いいですよねえ。

 

ゲストハウスいぐさでは、今回2つのお祭りがありました。

地元の早島秋祭りと、

倉敷屏風祭りです。

 

倉敷の屏風祭りは、

倉敷の家々が通りに面する格子戸を開け放ち、先祖伝来の屏風や各家の自慢の家宝を展示し、花を活けて

訪れる人をおもてなしするお祭りです。

今回倉敷美観地区の姉妹ゲストハウス有鄰庵の一角に、

いぐさの織り機と、新商品を飾らしていただく事で

ゲストハウスいぐさも参加させていただきました。



訪れる人とお話をしていて、

地元の岡山や倉敷の人が多く、

い草の織り機を見て、「懐かしい」「私はい草の泥染めしてたんよ」

「こうやってい草を担いでたんよ」「天日干しのときは、道路の遠くのほうまでい草を干してな、

雨が降ったら、すぐに中に入れて」

など、展示の前で年配の方が、昔話に盛り上がっておられました。

これです。

これがうれしいんです。

この方たちには、たくさんの知恵があるんです。

今はい草をやる人はほとんどいなくなりましたが、

このい草農業の歴史の中には、数えきれないほどの人の思い出、

団結力、また農業の知恵などが存在しています。

これを未来に伝えていくのが、一番大切なことなんだと思いました。

 

若い方もたくさんいらっしゃいました。

いぐさのコースターを見て、

「かわいいー」と言っていただきました。

購入してくれた方も何名かいました。

まずはこの「かわいい」がすごくうれしい言葉です。

かわいいからほしいまでを作るため、これからも頑張ります!

 

「がんばってね」

と応援の言葉をくれた、屏風祭りに来られた方々、

ほんとにありがとうございます!

 

 

 

 



ご予約
2015.10.19(月) 08:58