岡山は早島町にある古民家ゲストハウス


10月18日は、早島秋祭りですよ♪

今日も、早島はスッキリとした青空で、秋の風が気持ちいいです。

登校中の子供たちもまだまだ半袖で元気だなあ。

ゲストハウスいぐさの裏は、学校なので、

いつも元気に子供達が歩いて行くのが見えます。

たまに遅れそうな子供がラストスパートをきって、走っておりますが。

 

 

今日も頑張るぞ、とふと学校のフェンスを見ると、

おっ!秋祭りの看板が出てる!



早島の鶴崎神社の神幸祭は、早島の1年の中でも、メインイベントです。

この看板を見て驚いたのですが、

270年もの歴史があるんですね。

鶴崎神社は、桃太郎のモデルとなった吉備津彦を奉る神社で、

このお祭りでは、大人達の神輿や子供御輿、

またその後ろから、たくさんの鬼が練り歩いてきます。

御神輿は吉備津彦の象徴であり、

鬼は決して、神輿から前に出ないらしい。



それはさておいて、

地域性を感じるのが、この鬼たち。

怖い顔をしていますが、見ている人たちに、飴を配ってくれます。

よくこういった祭りで子供をおどかして、子供が大泣きする姿を見ますが、

早島では、逆に飴が欲しい子供たちが鬼を追いかけ回しています。

また、お面をとると、い草を教えてくれてるおじさんだったりして

いつも見る事ができない町の人たちの顔が見れます。

 

 

また、目を引くのがこの鬼のお面。

作っている方は、今早島に一人しかいません。

宮木さんと言われる方ですが、以前いろいろとお話を聞かせてくれました。

小学生からお面作りに没頭しはじめたみたいで、

昔は、自分でかぶるお面は、みんな自分で作るのが普通だったみたいです。



「今だに作ってるのは、わしだけ。」

と言われてましたが、

お祭りもそろそろとなってきて、

今、大忙しででしょうね。

 

とりあえず、この日は1年に1回の楽しいやりとりが見れます。

有名で、大きなお祭りではなく、

町の人たちが楽しむためにやってると言った感じなので、なんか昔なつかしで最高です。

ぜひ、早島に来る事をおすすめします!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



ご予約
2015.10.09(金) 08:47