岡山は早島町にある古民家ゲストハウス


あぜ作りやってます。

い草のたんぼのあぜ作りしています。

猛暑も少し落ち着いたのか、ここ最近は過ごしやすい気候ですね。

 

さて今週は、いぐさWeekです。

7月に刈り取ったい草ですが、来年にむけて、い草を育てる準備をしなくてはいけません。

 

そのために必要なこと。まずはこれ。


あぜ作りです。

小さいでしょ。
12月まで、この赤ちゃん田んぼで、い草の苗を育てます。
そんで12月になったら、そのい草を、本田という本格的な田んぼに移します。

小さいですが、これだけ作るのに3日かけました。
去年は、急いであぜを作ったので、弱かったのもあり、
田んぼに水を入れたさきから、水が抜けていくという間抜けな事態になりました。

だから今回は、時間をたっぷりとって、しっかりしたあぜを作りたかったんです。
い草の農作業を教えてくれる、のぼるさんに教えてもらいながら、
ちなみにのぼるさん、無口なので最初は怖かったのですが、
最近は、笑顔を見せてくれます。


やり方は、四方に土を盛って、
こんな感じ(笑)


側面を鍬みたいなものを使ってコーティング。
言葉でいうと簡単なんですが、
実際泥水に足をとられながら、鍬の感覚をつかむまで大変です。
この日はたまたま涼しかったのですが、
真夏の中、重い鍬を持ちながら、、
農業する人は、すごいです。


「今日はこのへんにして、暑くなってきたからまた明日の朝。」


のぼるさんが帰ったあとも、い草の『株分け』の作業があります。
これはまた次回。


でも農作業って、土の状態や、気候によって、進めたり変えたり、
自然に合わせて生きていくことだっていうことが、最近やっと分かりました。


すごいことですよね。
受け入れて、一緒に生きていく。
日本人のルーツかな
と思ったりしました。



ご予約
カテゴリ: スタッフブログ
2015.08.20(木) 07:46