岡山は早島町にある古民家ゲストハウス


いぐさが国境を越えてます♪

倉敷ゲストハウス有鄰庵で、いぐさのワークショップやってます。

自分たちが育てたい草を使って、何ができるんだろう?

そこから始まった、ワークショップですが、実にいろんな方との出会いがあります。

前回の参加者は、韓国から来たミンソクくん。

有鄰庵に宿泊していたゲストさんで、倉敷は2回目ということ。

 

いぐさ和紙を作っていると、興味津々に

「  やってみたい!」ということで、和紙漉きと、和綴じ本作りに初チャレンジ!



自前の筆ペンを出し、かっこいいハングル文字を書きだしました。

何やら、すごいものが完成しそうな予感。

彼は趣味で、こんな感じのかっこいい文字を、筆ペンで書くのが大好きだそうです。

「弟のお土産にプレゼントしよう!」と真剣に筆を動かして、、

完成!



 

 

『幸運』『愛』という意味のハングル文字だそうです。

国が違えば、感性もさらにさまざまですね。

日本の和紙と、韓国のハングル文字をいい感じに調和してくれました。



作り終えた後も、しばらく、ミンソクは、

「これいいなあ!」と自画自賛してました。

 

 

国境をこえた、私たちのい草。

今ごろ、どこで、どんな風に使われているんでしょう。

 

—————-

い草ワークショップは、毎週日・月の11時〜

倉敷ゲストハウス有鄰庵カフェでやっています!

和紙の他にも、岡山のい草を使った、ステキなもの作りを企画中。

カフェで大人気のたまごかけごはん・しあわせプリン、体が喜ぶメニューもたくさん。

倉敷にお寄りの際は、是非!

お待ちしてまーす!!

 

 

 

 

 



ご予約
2015.06.11(木) 09:21