岡山は早島町にある古民家ゲストハウス


空気を創る。素材を活かす。

珍しいゲストさんが来ています!
夜な夜な台所で必死に何かを書いているこの人。
いったい、どんなことをする人でしょう。

ヒントは
『空気を創る仕事』

島根の出雲大社の近くに住んでいる彼は、
2週間ゲストハウスいぐさに滞在しています
ここを拠点として、倉敷や岡山周辺の
庭造りの応援に、助っ人として呼ばれました。

そう。彼は、庭師です。
すごく、物静かな方ですが、しゃべると意外と、型破りな職人ぽくておもしろい。

庭は家と同じようなもの。
自然のそのままに見えるようで、実は細やかな、手入れが行き届いている。
そんな庭が好きらしいです。

 


今日は、朝から、アメリカから来た写真家の女の子から
質問攻めにあっていました。
みなさんはわかりますか?
これは何の植物でしょう。


この質問が意外と庭師を悩ませました。
けっこう、時間がかかりましたが、答えは『どんぐりの木』です。

地域の環境によって、微妙に葉っぱの様子がちがうので、
少し難しかったみたいです。

彼の話では、庭師は、素材を活かすのが仕事だそうです。
そして空気を創ること。

いい雰囲気、心地よい雰囲気を創るという点では
なんだかゲストハウスにも通じるものがあるなあと思いました。

 

 

木村



ご予約
2015.06.07(日) 09:03