岡山は早島町にある古民家ゲストハウス


岡山の人も知らない?外国人修行僧ばかりの曹源寺

岡山に、外国人を修行僧としてたくさん受け入れている

曹源寺(そうげんじ)というお寺があるのをご存知でしょうか?

 

ある日、日本に来たばかりだいうゲストさんと話をしていたところ、

「明日ソーゲンジへ行くんだ」と彼。

ここに来る前にもアメリカで8ヶ月修行をしていたとのこと。

 

観光でもビジネスでもない初めてのパターンに興味津々で

いろいろ話を聞いているうちに曹源寺行ってみたい!行かなきゃいかん!と思うように。

 

そして今回、行ってきました、曹源寺。

 

岡山駅の東出口にある9番のりばから東山・西大寺行きのバスに乗り、約25分。片道340円。

バス停『曹源寺』で降り、徒歩5分。

曹源寺までまっすぐに延びる閑静な道を歩いて行きます。

 

もう既にここから荘厳な雰囲気が漂い始める…。

 

門をくぐった後も本堂までひたすらにまっすぐ。

周りに植わっている松や竹がまた雰囲気を更に醸し出す。

 



境内はとっても静かで鳥のさえずりと木々の葉の擦れる音しか聞こえません。

心の穏やかになる場所です。

 

働いている人を見ると、本当に外国人ばかり。

日本人を一度も見かけませんでした。

 

本堂の右手にはお庭へ通じる道があり、庭参拝料を払い中へ。

お庭も相当素敵。見事な日本庭園で後楽園にも劣りません。

 

裏山?には踏み均された道が。

何があるのか好奇心にかられ登っていくと…



山のてっぺんにこんなのが。

 

そして振り返ると

 

絶景かな絶景かな。

予想してなかったのでかなり嬉しい驚きとなりました。

 

その後、山を降りる途中に一人の男性修行僧が木陰で休憩しておりました。

話をしてみると彼はイスラエル出身で4年ここで修行しているんだそう。

どうやって曹源寺を知ったのかを聞くと、

韓国でも修行をしていた経験があり、

そこの仲間に曹源寺の事を教えてもらったらしい。

 

ここでの生活を少し教えてもらった。

ランチは世界各国の修行僧がかわりばんこで作るため、毎日いろんな国の料理が食べられるらしい。

インターネットは月に3回決まった日に解放されるんだそう。

 

曹源寺には外国人観光客はほとんどなく、

桜の時期にはたくさんの日本人観光客が訪れたとのこと。

 

境内の山のてっぺんにあった建物は、特別な修行をするときに一人でこもるらしい。

しばし会話を楽しみ曹源寺を後にする。

残念ながら岡山ゲストハウスいぐさに泊まった彼には会えなかったけれども

 

また心をしずめるためにここに来たいなと思う。

そんなピースフルなところ、曹源寺。

 

 

あなたもいかが?

 

 

 

 

 

 

 

 

 



ご予約