岡山は早島町にある古民家ゲストハウス


世界の人が集まるゲストハウスだからできること。

いぐさの手織り体験者、続々増えてきています!
「い草を育てているんですね。」 「手織りをしてみたくて」
泊りにこられるゲストさんから、そんなうれしいことを言われます。

そうなんです。
ゲストハウスいぐさでは、い草を育てることから、収穫、体験まで、
い草に関するあらゆることを、自分たちの手でしています。

い草の栽培は、日本の農業の中でも、一番過酷な農作業だと言われています。
夏の一番暑いときに、収穫を行い、
冬は、田んぼの氷を割って、植え付けをする。

苗を植え付けの為掘り起こす



重労働である。
外国産の安価ない草の出現。
日本人の畳文化の薄れ。
これらの理由から、収穫量や、生産農家など、 特に中国地方では、減少の一途をたどっています。

そんな中、ゲストハウスいぐさでは、 収穫したい草を使い、
宿泊される方に手織り体験をしてもらうことで、
い草を世界に伝えていく活動をしています。

アメリカから来た、ハワード。テキスタイル専門とあって真剣なまなざし!



世界の人が集まるゲストハウスだからこそできるやり方。
手織り体験は、旅人が織ったものを、次なる旅人がつないでゆき、 一つの手織りを完成してゆきます。

やってみたかったんです、と来てくれた日本の大学生の彼女も



旅人によって、い草を未来へつなぎ、 い草によって、世界をつないでゆく。
この活動をはじめてから、 岡山・広島などから、
「昔、実家がい草を栽培していて」「おじいさんが畳を作っていたんよ」
「い草の匂いが懐かしい」「い草をいろんな人に伝えてほしい」など、
お電話や、お手紙、訪れる方から、いただくことがあります。

そんな話を聞きながら、い草は、これからも伝えていくべき、地元の文化、日本の文化なんだなと実感します。
今日も、ゲストハウスいぐさでは、手織りの体験を楽しむ旅人が来ています。
今度は、どんな手織りを次なる旅人につないでくれるのでしょう?



ご予約
2015.03.28(土) 08:29