岡山は早島町にある古民家ゲストハウス


バックパッカーを目指して〜旅人フランソワの話〜

旅人はどんな目的で旅をし、旅の間に何を見てきたのでしょうか?

 

ゲストハウスいぐさに5連泊しているフランスから来た、フランソワ。

彼は、フランスを出て7か月、長い間、旅を続けていています。

 

一つのバックを持って、列車やボートを乗り継いで、好きな場所で滞在し、好きな時間を過ごす。

「どうして旅をしようと思ったの?」と聞くと、

「旅が好きだからだよ。」と、爽やかな笑顔でさっぱりと答えてくれました。

彼は自分の旅の航路を、地図を見せながら、みんなに説明してくれました

彼の旅の始まりは、母国フランスから、ドイツ、ロシア、モンゴル、中国、韓国を

通り、興味ある場所で何日間か滞在しながら、現地の風を感じる旅をしてきたようです。

フランソワが通った、旅の経路



 

「一番印象に残っている土地は?」と聞くと、

「それぞれにあるから決められないよ。」と言いながら、旅先で撮ったいろんな写真を見せてくれました。今、ここ岡山のゲストハウスいぐさにいます。

 

行く先々で撮った写真を見ていると、彼と一緒に、旅をしているような気持になります。

「モンゴルは、中心地を少し離れると、もう自然と大地が広がっていた。歩いていると、モンゴル特有のゲル(移動式の住居)を組み立てる家族に会った。家の中も見せてもらい、ラクダも乗せてもらったよ」

写真を見せてもらうと、住居の中は、きれいな柄のマットや壁掛けなどがしてあり、移動式の住居とは思えないような立派なものでした。それを見ながら、彼の話を聞きながら、移動を繰り返す遊牧民の豊かな生活が想像できました。

 

彼はまだまだ旅を続けるつもりだと言いました。

今や、ネットなどで、いくらでも他の国のことを知ることはできますが、

実際にそれを体験する旅をすること。またそんな旅をしてきた旅人の話を聞くこと。

ネットで検索しても分かりえないものが、あると思います。

 

最後に

「フランソワは、本当のバックパッカーだね。」というと、

「そうだね。本物のバックパッカーを目指しているよ」

と言っていました。

 

そんなバックパッカーたちの家として、帰る場所として、ゲストハウスいぐさはありたいなあと思います。

 



ご予約
2015.02.28(土) 08:15