岡山は早島町にある古民家ゲストハウス


端材を主役に〜い草の和紙〜

世の中には、いろんな商品があふれていますが、

その商品が出来るまでに

たくさんの端材がでていること、

たまに考えたりします。

 

以前、倉敷の西阿知にある

花ござを織られているお店をお訪ねしたときの話ですが、

 

機織り機で織られている商品の下に

たくさんのい草の端材が落ちているのに

気がつきました。

 

花ござが織られる最中に、

両端の部分を切り落とす際に出る

い草の切れ端です。

もったいない気がして、

その端材を特別にいただきました。

 

いろんな色に染められたい草の切れ端。

よく見ると、とってもきれいです。

これを紙に漉き込めば、

おもしろいかもしれないと思い、

作ったのが、い草の和紙です。



改良を重ねて、

やっと、形になりました。

漉き込むい草の色によって、

いろんな印象をもった紙ができます。

 

い草の端材だけでなく、

一般に使い道がないと思われるものの中に

新しい可能性を秘めているものが

まだ、世の中にはたくさんあります。

 

い草で何ができるのか、

ゲストハウスいぐさは、これからも、

いろいろ考えていきたいと思います。

 

いぐさ和紙作り、体験できます。

古民家ゲストハウスいぐさでは私たちが育て収穫したい草をつかった和紙作りや手織り体験ができます!



■作れるもの(以下のいずれかを選べます)

A4サイズ×1枚

ハガキ×4枚

コースター×4枚

 

■体験料 1500円

 

■対象   ゲストハウスに宿泊される方。

体験のみされたい方は、事前予約

が必要です。

 

 

お問い合わせ・ご予約は ゲストハウスいぐさまで

tel : 086-441-0021

mail : igusagh@gmail.com

 

 

 

 

 



ご予約
2015.02.07(土) 09:36