岡山は早島町にある古民家ゲストハウス


寒い冬には?これが日本の、岡山ゲストハウスいぐさのあったかさ

まだまだ寒い日が続きますねー。

冬は、なかなか布団から抜け出せなくて、岡山ゲストハウスいぐさでも、そんな、みのむし状態になっている人がいます。

 

築200年の古民家である岡山ゲストハウスいぐさは、

冬は、現代の住宅に比べて、やはり寒いです。

日本家屋は、西洋に比べて、内と外との境目がない

という話は、聞いたことがありますが、

昔の人達は、私たちよりもずっと、季節を感じながら生活をしていたんだろうと、思います。

 

さて、本日は韓国から若い3人組が来ています。

現代人は寒がりというのは、韓国も日本も変わりません。

そんな彼らの中で話題になったのがこれ。



湯たんぽ。

寒い夜に、お母さんが子供に湯たんぽを持たせる。

日本の冬の風物詩ですねえ。

韓国の若者たちも、湯たんぽにお湯を注ぐ様子を

興味深そうに見ながら、渡された湯たんぽを抱えながら

「あったかい」と喜んでいました。



 

日本には、四季があり、季節による変化を楽しむ習慣があります。

寒いなーといって、エアコンを入れてしまうところですが、

昔の人のほんのちょっとした知恵を、旅人に感じてもらって、

楽しんでほしいと思っています。

 

 

日本の温かさを感じたい方、どうぞ岡山ゲストハウスいぐさへ!

 



ご予約
2015.01.31(土) 08:00