岡山は早島町にある古民家ゲストハウス


ダークからのメッセージ

旅とは出会うこと。

ダークは、去年の10月ごろ、ふらっと岡山ゲストハウスいぐさを訪ねてきました。

 

大きなバックを背負いながら、サングラスの中からのぞく笑顔がとても親しみやすく、

なぜか来たその日から、家族のような感じでした。

最初は1泊の予定でしたが、「明日も泊まれる?」と言いながら、気づいたら4泊になっていました。



夕方まで部屋で熟睡してたり、居間で真剣に本を読んだり、早島のJAで抹茶のアイスを買ったり、時には倉敷に出掛けて、地元の子供たちのアイドルになったりと、

4日間を、悠々自適に過ごして、とても楽しそうでした。

たまたま、他のゲストさんがいない時に来たので、

スタッフとの交流が深くなり、

高い背をいつもかがめながら、私たちがいる居間に来ては、

一緒にご飯を食べたり、自国の話などして、過ごしました。

帰る時には、お互いに、何となく寂しさを感じながら、

また会おうねーと送り出しました。

 

 

さて、彼が帰って2か月ほどして、あるゲストさんが居間の本棚から、あるものを見つけました。



それは、一冊の本。

『Moby Dick』というタイトルの英書。

表紙を開くと・・・

手書きで書かれたメッセージがありました。

『この本を見つけた、次なる旅人へ

僕がそうだったように、あなたのここでの滞在も、

のんびりと楽しいものになりますように。ダーク』

 

本には、メッセージと一緒に、彼が日本に来て乗った列車の切符などが、

一緒に挟まっていました。

 

その本は、日本語で『白鯨』という題名で、

白いマッコウクジラを巡る乗組員の体験談の小説です。

このメッセージを見つけたゲストさんは、たまたま船乗りで、この本が大好きで、何となくページを開いたら、メッセージを見つけたわけです。

 

旅とは出会うこと。

出会いにもいろんな種類がありますが、

こんな形の出会いもあるわけです。

 

ダークは、今頃また違うところで、楽しく過ごしていると思いますが、

他の場所にいながら、ゲストハウスに来るいろんなゲストと本を通して出会う。

 

ステキですよね。

次にダークが来たときは、これを見つけた人達の話で盛り上がろうと思います。



ご予約
2015.01.27(火) 08:00