岡山は早島町にある古民家ゲストハウス


い草の未来 〜岡山ゲストハウスいぐさにて〜

皆さんは、い草について知っていること、ありますか?

まず、い草というと、畳表。

日本では、なんと古代から、い草や藁で編んだ畳表の原型となるものがあったそうです。

そんな昔からあったなんて、驚きですよね。

ゲストハウスいぐさの部屋はすべて畳ですが、

「なんか落ち着くー」と言いながら、

畳の上で、いつも交流が始まります。

畳は私たち日本人の精神に記憶されていて

懐かしさから来る安心感が、まったりとした空気をつくっているのかも知れないですね。

だけど畳以外で、い草はどう使えるのか?

本日は、中国出身のソンさんのお話。

日本語が上手なソンさんは、

仕事で日本に来ているそうで、

新しい繊維の素材について研究をするお仕事をされています。

 


ゲストハウスいぐさで体験ができる、い草を使った和紙や、手織り体験を見せてあげると、

とっても興味を持ってくれ、い草の性質など、いろんな質問をしてくれました。

話をしながら、い草の性質について、もっと知る必要があるなーと

しみじみ考えさせられました。

ゲストハウスいぐさでは、離れの古民家アトリエスペースで、

い草を使った、もの作りワークショップをしています。

 



・IGUSA和紙作り×手織り体験

内容:いぐさの切れ端を使った和紙を作り、スタンプなど、自由に押して楽しんでもらいます。

A4サイズ×1枚 or ハガキ×4枚 or コースター×4枚 (いずれかを選んでいただきます。)

体験料:1500円

・手織り体験のみ
旅人みんなでつないでいく手織りです。
幻想的な古民家で、ゲストハウスいぐさでしかできない体験ができます。

対象は、ゲストハウスいぐさに宿泊された方です。

体験のみ希望される方は、事前予約が必要となっております。

興味がある方、体験したい方は、

ゲストハウスいぐさまで、お気軽にお問い合わせ下さい。



ご予約
2015.01.04(日) 08:11