岡山は早島町にある古民家ゲストハウス


鶴崎神社の西まわりルート

こんばんは!

よっちゃんです。

 

不老の道西まわりコースを最後に紹介します。

 

西まわりルートでは

東まわりルートでも通った

戸川家陣屋跡とつつじ公園を最初に通ります。

 

そして小さな小路を通ります。



いい雰囲気ですよね

 

そして粟島神社へと至ります。

 

粟島神社の写真は

桃ちゃんが載せた殿舎と木が映っている写真です。

 

次は天満宮です。



 

かの菅原道真が左遷されて太宰府天満宮に向かう際に

寄ったみたいですね。

 

そしていぶき荘というところを通ります。

 

何の建物かは分かりませんが

昔風の建物で

今は地域のコミュニティセンターになっているみたいでした。

 

いぶき荘からすぐの所に鶴崎神社の鳥居があり

それを過ぎたところに畳表問屋奉納石灯籠があります。



道の左右にありますが

写真のものには早島の畳表問屋の名前が

反対にあるものには大阪・江戸の畳表問屋の名前が

それぞれ刻まれているそうです。

 

早島が畳表で賑わっていたことを示す

歴史的なものですね。

 

灯籠の次は

個人的に西まわりルートの見どころといっていい鶴崎神社です。

 

この鶴崎神社は

800年近くの歴史がある神社で

干拓が行われたよりも前から歴史がある神社です。

 

早島を見守ってきた神社なんでしょうね。

 

またこの鶴崎神社には

縁結びの木があります。

 

私も自分の世界観を広げられるような

様々な人間に出会えるように

願ってきました。

 

縁結びと言ったら誰かと恋仲になるような出会いを期待するものでしょうが

今は特に期待していませんし普通とは違うので

効果はないかもしれないですね(笑)

 

そして南まわりルートでも通った

弁財天厳島神社と舟本荒神社を通って

終点に着きます。

 

 

この西まわりルートは1番つまらなかったと感じました。

 

しかしながら

3つのルートを回ることで早島の歩んだ歴史知り

すごいと感じました。

 

不老の道も各ルートとも

歩くのにもそれほど長くなく適度な距離です。

 

不老の道が早島のすべてではありませんが

多くのことを知ることができます。

 

私のオススメは東まわりルートです。

 

自分の目で見て感じて

ルートには示されていない魅力を発見してみてください。

 



ご予約
2014.09.10(水) 18:01